明石の余っている土地を有効活用

subpage-img

一昔前であれば、明石においても一歩外に出るとすぐにどのような用途にも利用していないいわゆる空き地の土地が見受けられましたが、現代では随分と減っているのが実情です。



その理由は、既に仕事をリタイアしており年金以外の収入が無いものの、決して安くない固定資産税を支払い続けなければならないことが関係しています。

つまり、所有しているだけで家計の大きな負担になってしまうことから、収入源となりプラスに転じることが可能になる駐車場を経営したり、賃貸住宅を経営するといった対策を講じる方が多いわけです。

しかも、明石は移住希望者が多いエリアですし、大手企業の支店や工場も多いことから駐車場や住居のニーズが高く堅実にリターンが期待できるので絶好の環境です。

goo ニュースが有名になってきました。

また、明石は一度故郷を離れたもののUターン就職で再度戻ってきて活躍する方が多く、そのような方は両親と同居したり家族を持つことが多いので、一家庭における自家用車の所有率が高いことから必然的に駐車スペースが必要になるという実情があり、更地になっている土地を駐車スペースとして提供してほしいという声が根強いのも事実です。



そして、有効活用できていない土地が住宅街ではなく周囲に企業ばかりが目につくエリアなら、会社に来社した方の来客用スペースとして重宝されたり、営業車専用の場として喜ばれることがあるので、長期間にわたって契約し続けてもらえる可能性が高く、安定した収益が望めます。

top